【写真34枚】防災ヘリコプター「ひょうご」による兵庫県消防防災航空隊との救出訓練レポート

兵庫県の武庫川、河川敷右岸にて兵庫県消防防災航空隊と防災ヘリコプターによる救出訓練が実施されました。救出場所自体は長尾山連峰、山間部で実施されたため写真はありませんが、ヘリコプター救出した要救助者を病院へ搬送するために河川敷が用いられました。

武庫川の河川敷。訓練用地全景
小石などの飛散防止のため、念入りに散水されてました
武庫川から取水している様子
ヘリコプターの着陸を支援する吹流し(風向指示器)の設置。
今回の訓練に用いられる指揮部。内部では無線でヘリコプターと常に通信される隊員が常駐。
防災ヘリコプター「ひょうご」の着陸に備える救急隊。
1度目の訓練。防災ヘリコプター「ひょうご」の飛来
ヘリコプターの後部から要救助者を搬出。
2度目の訓練にあたり、マーシャラー(誘導役の隊員)へフィードバックをされているようでした
地上からの誘導の様子
防災ヘリコプター「ひょうご」の2度目の着陸
宝塚市消防本部、および兵庫県消防防災航空隊の皆さま、お疲れさまでした!

関連記事

ページ上部へ戻る